09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

虫と一緒に花育て その2

2012年06月24日
さて前回、益虫を守るために農薬散布は止めましょうという話を書きました。
今度は害虫だけど、守りたい虫の話。

それがこれ、ツマグロヒョウモンという蝶の幼虫。
s-P1000203.jpg

虫嫌いの人が見たら、ぎゃーっと悲鳴を上げそうな凄い色合いの毛虫ちゃんです。
黒地にオレンジ色の体に、なんだか毒を持っていそうなトゲトゲ。虫が大好きなわたしでも、ビオラの手入れをしている時に遭遇したりすると、ギョッとなって凍りついてしまいます。

でも大丈夫、毒は持っていません。

「毒を持ってるぞ~食っても旨くないからね!」というサインなんでしょうかね。
本人は擬態しているつもりで安心しきっているのでしょうか、いたって大人しくおっとりした毛虫ちゃんなのです。

親であるツマグロヒョウモンもあまり人を恐れない蝶で、花に止まっている時に羽をつまめちゃったりします。で、そっと花に戻してやると、何事もなかったように蜜を吸い続けるという、警戒心がないというよりただの鈍感!? と思える、でもとても愛すべき蝶なのです。

一度なんか、わたしの手の甲に止まったかと思うと、吸収管を伸ばして皮膚にプスッと刺してきたことがありました。実際には刺さらなかったので痛くありませんでしたが、ちょっとビックリですね。

元々西日本に生息していた蝶ですが、温暖化のため東日本でも普通に見られるようになったと言います。

5月のある晴れた日、我が家のささやかな庭に飛来したツマグロヒョウモンが、プランターのビオラにいくつかの卵を産んでいきました。
その後も何度かやってきては産んでいったのでしょう、大きさの違う毛虫ちゃんたちがあちこちにいます。

ビオラやパンジーの葉を食べるので確かに害虫なのでしょうが、実のところ大した被害はありません。
蕾を食害するナメクジは許しがたい存在ですが、ツマグロヒョウモンの幼虫が食べるのは苗の下の方の葉っぱだし、発生時期がビオラのシーズンも終わりに近づいた5月~6月頃という、
「ビオラもそろそろ終わりだな~。もう抜こうかな? まだ持つかな?」
という微妙な時期なので、正直放置していてぜんぜん大丈夫なのです。

それより心配なのが、6月になると苗ごと抜かれてゴミ袋行きにされてしまう幼虫たちが多いのでは? ということです。
園芸店には初夏から秋までの花苗がたくさん並んでいます。つい新しい花に植え替えたくて、知らずにビオラの苗を処分している人は多いでしょう。

わたしはプランターから苗を丁寧に抜きとり、庭の半日陰に植えて自然に枯れるまで放置することにしています。幼虫たちがサナギとなり、無事に飛び立つ日まで、ぜひ苗を処分しないでいてほしいと思います。

s-P1000214.jpg
これはたぶんサナギになろうとしている所でしょう。昨日から動かなくなったと思ったら、今日のお昼ごろプランとぶら下がり始めました。
このまま大事にビオラを育て続け、蝶になるのを見届けたいと思います。
ガーデニング | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
知らなかった
はじめまして。
パンジーにいたのでつまんで袋に入れてから検索したら、おとなしくて害がない様なのでまた戻しました。
調べてよかったです。
ありがとうございました!
No title
コメントを書いてくださったのに、気づかずに済みませんでした。
ツマグロヒョウモンの赤ちゃん、助けてくださってありがとうございます。
きっと蝶々になったらお礼を言いに戻ってきてくれますよ!
我が家でも時々、里帰りしてくるツマグロヒョウモンに出会います。
まだビオラの苗が残っており、こぼれ種から生えた新苗が顔を出してきているので格好の産卵場所かも。
またあの可愛いイモちゃんに会えるのが楽しみです。
ツマグロヒョウモンの幼虫だったんだー
はじめまして。

ブログ拝見させて頂きました。
文章が楽しくついつい惹きこまれてしまいました。

海水飼育の記事は
私もいつかやってみたいと思っているので参考にさせていただこうと思います。

今は私は息子とカブクワの幼虫飼育をしています。

私の妻もくららさんみたいな人だったらよかったなぁと、何故か思ってしまっていました笑。




Re: ツマグロヒョウモンの幼虫だったんだー
カブクワ初心者パパさん、こんにちは!
コメント書き込み、ありがとうございます。

わたしもカブクワ大好きで、今でも飼いたいと思うことがあります。
ホームセンターなんかで売られているのを目にすると、どうしても欲しくなりますね。

> 海水飼育の記事は
> 私もいつかやってみたいと思っているので参考にさせていただこうと思います。

ぜひ挑戦してみてください。わたしの記事は参考にもならないと思いますが、今では水質がかなり安定していますので、時間がかかるものだと実感しています。

> 私の妻もくららさんみたいな人だったらよかったなぁと、何故か思ってしまっていました笑。

奥さまは虫嫌いですか?(笑)普通の女性はそれがあたりまえですよ。
わたしは神奈川の片田舎で育ったもんで、通学路が里山の中でした。ヤゴのいる小川やオタマジャクシのいる田んぼやクワガタのいる栗林でワイルドに遊んだので、今でも生き物を飼うのが好きなんですよ。

今後ともよろしくお願いします。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。