09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

虫と一緒に花育て

2012年06月24日
我が家の小さな庭では、テントウ虫たちが大活躍してくれています。

バラの蕾がふくらみかけた頃からナナホシテントウやナミテントウの姿を見かけたと思ったら、今ではもう幼虫やサナギが見られるようになりました。
s-P1000170.jpg
これは6月14日に撮影したサナギから脱皮直後の成虫。まだオレンジ色の甲羅ですが、そのうち模様が浮かんでくるんでしょうね。最後まで見届けたかったですが、数時間その場に留まって羽を乾かした後、姿が見えなくなりました。

s-image120625.jpg
いかにも害虫っぽい姿形ですが、これがテントウ虫の幼虫です。多くの人がテントウ虫はアブラムシを食べる益虫だということを知っていますが、幼虫はこんな姿のせいでかなり損をしていると思います。
害虫だと思われ捕殺されてしまうケースが多いのではないでしょうか。

わたしは庭でこの幼虫たちの姿を見かけるようになって、薬剤散布をやめました。
植物を食害する虫たちを農薬で殺してしまえば、同時に害虫を食べるいわゆる「益虫」も一緒に殺してしまうことになるからです。

例えば、害虫の代表格アブラムシはテントウ虫やカマキリなどが食べてくれます。しかし、農薬散布でこれら益虫が死んでしまえば、アブラムシが再び発生したときに退治してくれなくなるのです。

アブラムシは退治しても退治してもしつこく現れますが、肉食系の昆虫の方はそう簡単に増えてくれません。

昨年の冬、伸びすぎたツバキやサザンカの木の枝を切っていたら、カマキリの卵が4つも見つかりました。

卵のついた枝をビオラのプランターに差しておいたところ、初夏にたくさんの子カマキリたちの姿を発見することができました。

農薬をまいたら、このカマキリの子どもたちもあっけなく死んでしまうことでしょう。そんな可哀想なこと出来ないし、この庭で頑張って大人になり、繁殖して、また来年に向けて命を繋いでいってもらいたいものです。

わたしに強い影響を与えたのは、「虫といっしょに庭づくり」というこちらの本。

庭いじりをする人には、ぜひ読んでいただきたい必携の本です。

それまで害虫だと思って捕殺していたイモムシの姿をした虫が、実はアブラムシを食べる益虫だったことや、アブラムシを守るから害虫だと聞かされていたアリが実は大事な庭の番人だということなどなど、読んで目から鱗が落ちる思いでした。

農薬散布で1種類の害虫だけを殺すことはできません。薬剤はそこの生態系そのものを破壊することに繋がり、今後も散布し続けなくてはならない悪循環を引き起こします。

テレビのCMでも「アリの巣を丸ごと退治します」とか「ダンゴムシ、ヤスデなどの不快害虫を退治」などの謳い文句を目にしますが、アリはシロアリの侵入を阻んだり、不快害虫と呼ばれる彼らは落ち葉などを分解する掃除屋といった役割を担っています。

丸ごと退治なんて、とんでもない話。絶対やめてほしいものです。


ガーデニング | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。