FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

コウキケヤリ

2009年10月23日
s-P1080034.jpg
コウキケヤリとマンダリンです。

ケヤリはこれでもゴカイの仲間ですが、砂の中にあんな本体がいるとはとても思えない優美な姿をしています。
この穂のようなものは「鰓冠」(さいかん)と呼ばれる、ケヤリムシの頭に付いている房です。「鰓」という字は「エラ」とも読みます。
これでエサを集めているんですね。ときどきレーダーのアンテナのようにゆっくりと回転します。

この個体は綺麗なピンクと白だから、「高貴」ケヤリと名づけられたのでしょうか。
他に地味なベージュ系のものが3匹、赤い小さなのが2匹いますが、本などでは「ケヤリの仲間」で片づけられています。

新水槽への移転にあたって、見えにくい奥側から手前に引っ越させました。
直後から鰓冠を出して調子良さそうだと思ったら、翌日から2日間ほど引っこんだままになってしまいました。
いじったからナーバスになってるのかなと思っていると、別の管からにっきり鰓冠を出し始めました。
元の管は放棄したようです。
てっきりこの管から鰓冠を出すと思って待っていただけに、ちょっと驚きました。
無理矢理移動させられ砂に埋められた管の具合が、なにやら気に入らなかったので作りなおしたのでしょう。
砂に潜んでいた2日間、せっせと新たな管づくりに精を出していたというわけです。

いつまで眺めていても飽きない不思議なケヤリ。とても美しいので、このカラーでいくつも揃えたいなと思っています。

ちなみにエサは週に1回ほど、液体サンゴフードにすり鉢で粉末状にしたクリルを混ぜ、そっと振りかけて与えています。
エサを感知して少しするとパッと中に引っこんでしまうので、ちゃんと食べたのかどうかさっぱりわからない虫ちゃんです。
海水魚 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。