FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

お試し受験?

2005年01月20日
今日、長男が生まれて初めて受験をした。

これまで試験というものにまったく無縁の人生だった。

小学校のテスト以外は、模擬試験なども一切受けたことがなかった。



それがいきなり本日、私立中学校の入試試験を受けたのである。

第一志望の学校でもなく、はっきり言ってしまえば「お試し受験」と呼ばれる部類の受験である。

だが、この世に生を受けてわずか12年の長男にとっては、大変疲れる経験だったようだ。

帰宅した今、抜け殻のようになってテレビを観ている。



わたしも、とっても疲れた。

まず朝5時20分に起きて朝シャン、そしてお弁当づくり。子どもたちに朝食を食べさせ、自分の身支度を整え、6時40分に自宅を出発。

幸いにして夫が車で送迎してくれるので、気持ち的にはかなり楽だ。

でなかったら緊張で手が震えるほどだったに違いない。



高速道の渋滞もさほどではなく、予想した時間に学校に到着。

だが、ここで大きなポカをやらかしてしまった。



路上に車を停めて道路に降りたち、手にしていたクリアファイルの中身を再確認。

中に入れてあるはずの受験票を探すが、なんとないのである。

車の中ではちゃんと入っているのを確認したはずの受験票が、だ。



慌てて車の中やらバッグの中やら、引っ繰り返すようにして探した。

だが、ない。

頭の中が真っ白になりかけた。

無意識のうちにどこかに挟んでしまったのかも、と思い、車中にあったすべての冊子類、書籍類のページを繰ってみる。

だが、ない。

もしかしたら道路に落としたのかもと思い、車の下やら道路やらを人目もはばからず探してみる。

だが、ない。



20分ほど探したところで諦め、学校に行った。

受験票は必須だが、ないと受けられないというものでもあるまい。

開き直って「無くした」と言い、受けさせてもらうしかない。



覚悟を決め、受付係を務める女子中学生に、

「あの~受験票を無くしたので・・・先生とお話ししたいのですが」

と申し出る。

すると女の子はすぐさま教員の所へ行き、事情を伝えてくれた。



教員は「あっ、はいはい」と気軽に紙切れのようなものを女の子に渡した。

仮の受験票のようなものを発行してくれるのだろうか。

わたしはその紙を見ながら、そう思っていた。

女の子が戻ってきて、

「これではないですか?」

と、その紙を見せてくれる。



見ると、なんと、、、無くした受験票ではないか。

長男の写真がしっかり貼ってある、あの受験票だ。

一瞬唖然となり、次には思わず安堵の笑みが漏れた。

あ~よかった。

誰かが拾って、届けてくれたんだ。

きっと、車の横を歩いていた受験生の保護者に違いない。

まさに「渡る世間に鬼はない」だね。



だが、よく考えると不思議でならない。

わたしが受験票と「受験の注意事項」について書かれたプリントを挟んだクリアファイルを持って車から降りたのは右側のドア。つまり、車道側ってわけ。

そこから数歩歩いて歩道に上がり、夫が車に施錠したところで「あ、ちょっと待って、受験票がない」となったわけである。

その間、わずかに1、2分。

すぐ近くにには夫と息子がいた。

おそらくクリアファイルから滑り落ちたのだろうが、誰も気づかなかったのは不思議だ。



助手席から降りて車道にいる時に落としたのだろうか。それなら、紛失に気づいて車に戻った時、落ちている受験票になぜ気づかなかったのだろうか。



いつ落としたのか、どういった形でクリアファイルから落ちたのか、どこに落としたのか、いつ人に拾われたのか、まったくもって不可解なこの事件。

だが、ともあれ息子は無事に試験会場入りすることができた。



夫は、「車に乗ってる時から言ってることが変だった。動揺してたに違いない」と言う。

車中で面接の予行練習をしていた時、試験官に扮したわたしが

「入学したら何部に入りたいですか?」

と質問したら、息子は

「テニス部に入りたいです」

と返答。



だが、わたしはそれをスキー部と取り違え、

「この学校、テニス部はないよ」

と言っていた。

息子ははっきりと「テニス部」と言い、わたしもしっかり「テニス部」と言いながら、頭の中ではなぜか「スキー部」だと思いこんでいたのである。

そんな有様だから、車を降りる時も平静ではなかったのだと夫は言うのだ。



だが、クリアファイルを愛用してウン十年、いまだかつてモノを落としたことはない。

ちゃんと持っていたはずなのに・・・どうにも納得がいかない。

でも、いい教訓になった。

拾ってくださった方、どうもありがとうございました。



さて、明日は結果発表のため、再びこの学校を訪れなくてはならない。

明日は落ち着いて、平静に・・・できるかなぁ~?

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。