FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

中国旧正月餃子の日

2006年01月29日
楊会社の新年会が行われるお台場に向かう途中、池袋にある「楊」という中国・四川料理のお店に立寄った。

わたしは初めての場所だが、夫が以前来てみて美味しかったと言う。

お店に入ると、若い女性が立って餃子を包んでいる。

最初、その人たちを従業員だと思っていた。

が、注文のメニューを見ているわたしたちに、店主と思われる女性が中国なまりの日本語で「あなた達も餃子包む?」と聞いてきた。

特に小2の娘に対して、強く勧めている。

なんだか断れない勢いだ。

なるほど。それで、他の客も包んでいたのか。

聞けば、明日29日は中国の旧正月なんだそうだ。

中国では正月に家族みんなで餃子を作り、食べる習慣があるのだという。

そう言えば昔、アグネス・チャンが香港について紹介した本でそんなことが書かれてあった記憶がある。



店主に言われるがまま、わたしたちは自分たちの分を作ることになった。

餃子1棒状に練った皮の材料を綿棒で延ばし、一枚一枚、丸い皮にしていく。



手頃な大きさに延ばし、ラム、海鮮、ブタの3種類の中から中身を選び、皮を包む。

以前、キャンプで小菅さんが餃子を作るとき何度か手伝ったことがあって、それが今回役に立った。といっても大してきれいに包めないが。

娘も一緒に包む作業をした。

2人前作らなくてはならないためそれなりの時間を要したが、娘がせっせと励んで作業完了。餃子2



水餃子と焼き餃子を半分ずつ作ってもらうことにして、わたしたちが作った餃子が厨房に運ばれていった。





















麻婆やがて、注文しておいた麻婆豆腐とチャーハン、ビーフンがきた。

麻婆豆腐といえば、インスタントのものでしかその味を知らないわたし。

初めて味わう本場の麻婆は、なんとも強烈なスパーシー・テイストだった。

サンショウの味がピリピリと舌を痺れさせる。特に辛いわけではないが、舌が非常に痺れる。

軽く小皿によそった分だけ食べて、わたしはリタイヤした。





ビーフン次に来たビーフンはちょっと油っぽかったが美味しく、全部平らげた。























餃子3そして、わたしと娘が包んだ餃子がやってきた。

最初に水餃子。なかなかキレイに仕上がっている。もっちりとした食感がなかなか美味しい。

食べ終わると、次に焼き餃子が来た。

まるでケーキみたいに羽根がついた状態で焼き上がっている。香ばしくて、これも美味しかった。









餃子4店には「ズームイン朝」や「おじゃマンボウ」でも紹介されたというお知らせが貼ってあった。

雑誌「hanako」にも掲載されたのだとか。それで、池袋の裏小路にあるにもかかわらず、若い子たちが来ていたのだな。

ここは担々麺が美味しいことでも知られているらしい。

http://www.ikesen.net/food/chinese_yan/



偶然にも旧正月の餃子作りに参加できて、とてもめでたく楽しい出来事だった。
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。