10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ディスクコーラル

2009年11月22日
s-P1080326-4.jpg
画像右側のディスクコーラルは、海水魚水槽を立ち上げて初めて購入したライブロックにくっついていたものです。
元々は上側にくっついている小さな子どもくらいの大きさだったもので、中華料理に入ってる黒クラゲみたいなペロンとした感じでした。
コーラルについてはまったく無知だったので、これが我が家に来てから色々調べるようになり、以来ソフトコーラルにハマリました。
水替えだけはマメにやってきたおかげで、こんなに大きくなりました。
しかも、これの凄いところは、移動するところです。もっと上の方にくっついていたのに、ライブロックの下に度台をかませて上の方に置いたところ、一晩で下の方に降りてきてしまいました。
元いた場所が白くなっているのが一目瞭然なのには笑ってしまいます。よほどメタハラ直下が気に入らなかったのでしょう。

いかにもポコポコ子どもを生みそうなディスクですが、意外と分裂しません。子どももなかなか大きくならずちょっと焦れったい感じですが、これからも大切に可愛がっていきたいです。


一方、こちらはグリーンストライプのディスクコーラル。
s-P10608111-1.jpg

こっちのディスクは子どもがポコポコ増えて、小さなライブロック一つに6つもくっついています。

スポンサーサイト
海水魚 | コメント(0) | トラックバック(0)

ヘアリーディスク

2009年11月24日
s-P1080155.jpg
ヘアリーディスクの3兄弟です。
初めて購入したディスクコーラルで、ブルーライトを当てるとグリーン色に染まって大変美しいです。
奥側に仲良く2つ、手前に1つあります。もう一つどこかにいるはずですが、引っ越しの時に行方不明になってしまいました。
だから本当は4兄弟なのですが、末弟はゆく方知れずってことになってます。

s-P1080156-1.jpg
これが親です。複数くっついているように見えますが、これで1つです。
買ったときはこの親に2つの子どもがくっついていました。その後、さらに2つ増えた勘定になります。
s-P1080307-1.jpg
たいへん大きく育って、昼間はこのようにブワ~ッと大きくなって迫力満点です。
分裂したのかなと思うほどの状態ですが、夜に縮まるとやっぱり1つだと確認できます。

s-P1080326-1.jpg
3兄弟の茶巾寿司です。(って2兄弟だけか)
ヤドカリのエサがポトリと落ちると、くるくるっと丸まってこのような状態になります。
まるで「京樽」の茶巾寿司みたい。こんな可愛い姿が数時間続いて消化修了。
ごっつぁんです♪
海水魚 | コメント(0) | トラックバック(0)

グリーンボタン

2009年11月24日
s-P1080323-1.jpg
マメスナギンチャクの近縁種、グリーンボタンです。正式名称はテチイワスナギンチャクと言います。
マメスナとミックスで売られていたのが、こんなに増えました。
よく見ると、左側のグリーンボタンと右側のグリーンボタンとでは明らかに種類が違います。
右の方が緑色が強く、左側のは茶色っぽくてそんなに綺麗ではありませんが、大きくて縁の触手が美しい種類です。
しかし、最近調子が良くないのか、反り返ってへんちくりんな形になってしまいました。

s-P1060808.jpg
これは調子が良かった頃のグリーンボタンです。それでも時々は反っくり返って逆側に丸まることもありましたが、いったい何が原因なのかわかりません。

全体的に広がりすぎて伸びるスペースがなくなったので、先日、台座の上に乗せて嵩上げしてやりました。
すると右端のグリーンボタンが垂れ下がり、ぷらぷらし始めました。翌日にはランナーが切れて下に落ちていたので、これにはビックリです。
ショップの人がイタアザミの増え方について「ポトリと落ちる」と言っていたのを思い出しました。これはイタアザミじゃないけど、こういう風に別の場所に増殖するんだなあと妙に感心しました。
s-P1080324-32.jpg
そこで、下に落ちた2つのポリプを別のライブロックの隙間に差しこんでやりました。ガーデニング風に言うと、まさに「挿し芽」か「株分け」って感じ。
コーラルは植物じゃないのに園芸やってる気分になるというのが、とっても面白いです。
画像左上のマメスナギンチャクは枝状のライブロックを購入したら付いていました。これも、どんどん増えています。
またこの枝には貝やケヤリが付いていて、安いわりにはかなりお買い得な感じ。
特に貝は10ヶ月の間にけっこう大きくなりました。














海水魚 | コメント(0) | トラックバック(0)

水槽全景2

2009年11月24日
s-P1080165-6.jpg
最近の全景です。
前列左からヘアリーディスク、ツツウミヅタ、ディスクコーラル・グリーンストライプ、スターポリプ、コウキケヤリ、グリーンボタン。
中列左からヘアリーディスク、マメスナギンチャク、チヂミトサカ。
後列左からサンゴイソギンチャク、ディスクコーラル、イタアザミ。

マメスナギンチャクの下を隠れ家にしているアケボノハゼのために、新しく素焼きのトンネルを設けました。一回だけ入りましたが、結局マメスナの下に潜ってしまいました。
その後、新しく買ったキャメルシュリンプが入ってくれないかなと期待したのですが、やっぱり利用してくれません。
誰か棲んでくれないかなー。(笑)

それと、エサの量や回数が多いせいか相変わらず茶ゴケが多いですね。
これだけが今後の課題となりそうです。
海水魚 | コメント(0) | トラックバック(0)

マメスナギンチャク

2009年11月24日
s-P1080324-32.jpg
一般的によく見られるマメスナギンチャクです。
マメスナはイソギンチャクに近い種類で、もっとも飼育が容易なコーラルと言われています。
これが駄目ならどんなコーラルも飼えないそうです。
30センチのキューブ水槽でいったん駄目になりかけましたが、大きい水槽に移して増えるようになりました。

s-P1070023.jpg

真ん中がイエローで触手がグリーンというタイプのマメスナギンチャク。
最初に紹介した通常タイプのマメスナより感覚が敏感で、手を入れたり、電車の振動などで素早く触手を丸めこみます。

s-P1060810-2.jpg
これも同じ個体です。ライトの加減で濃いグリーンに見えたり、明るいライムグリーンに見えたりします。
触手がふさふさしていて、とっても綺麗。
時々、ライブロックから外れたポリプがころんと落ちていたりします。こうやって増えていくんですね。







海水魚 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。