05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

プール熱か?

2004年06月22日
今日、長男(11歳)が頭が痛いと言い、どよよ~~んとした顔で起きてきた。

喉が痛く、気分も悪いという。

つい先日、学校の保健だよりでプール熱について注意を促す文書があったので、それではと思い、休ませた。

今は休ませるときも連絡が楽だ。下の子が一年生に上がったので、休ませますと書いた連絡帳を持たせ、A君かBちゃんに渡してね。と言って送り出せばよい。

A君とBちゃんは長男と同じ6年生だ。



以前は、A君の家に連絡帳を届けるか、時間的に間に合わなければ学校に電話を入れねばならなかった。

わたしは学校に電話をするのが非常に苦手だ。朝イチに電話すると、たいてい教頭先生が出る。

その声を聞いたとたん、一瞬、頭が真っ白になり、言おうとしていた言葉が出てこなくなる。なにかトラウマでもあるのだろうか。

できれば電話は避けたい。

だが、長男が卒業したら、下の子が休むとき誰が連絡帳を持って行くのだろう。近所に小学生はいない。となれば、やはり電話しかない。

どよよ~ん。

ああ、嫌だ。できれば一日も休まず学校に行って欲しい。
スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

赤ちゃん生まれた

2004年06月23日
もちろんわたしのではない。

友だちが二人目を無事出産したのだ。嬉しくて、さっそく翌日の今日、お見舞いに行ってきた。



ベビー室のガラス際にずらりと並んだ赤ちゃんの、なんとちっさいこと。

みんな、ちんくしゃな顔をして眠っている。

うちの子もこんなんだったなぁ。と思いながら、毎日ガミガミ怒っている自分の姿をふと顧みる。

赤ちゃんを産んで、嬉しかったこと。猿のようなちんくしゃ顔を愛おしく思ったこと。

大事に育てようと思ったこと。

そんな想いが一瞬だけ蘇り、またうちに帰ると怒っている自分がいる。

ま、それはそれとして。

赤ちゃんて本当に可愛いなぁ。また産みたいなぁ・・・なんて思ったり。

でも、下の子がこの春にようやく小学校に上がって育児も一段落・・・という時に、また一から始める気力も体力も、もはやない。

せめて友人の赤ちゃんでもだっこさせてもらって、我慢しよう。
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

生と死と

2004年06月24日
生まれてくる命もあれば、死んでいく命もある。

昨日は友人のベビー・ももかちゃんの誕生を喜んだばかりで、今日は一転、取引先企業の社員のお葬式だ。

なんて両極端な日々なんだろう。



それにしても、働き盛りの54歳での突然死だというから驚いた。

昨年暮れの忘年会やら新年のお餅つきなどで、わたしも一応の面識はある人らしい。

らしいというのは、その時いっぺんにたくさんの社員を紹介されたので覚えきれなかったからだ。だが、挨拶くらいはしているはずだ。

わたしなどはその程度だが、この業界に長くいる主人は20数年来のつきあいだったそうだ。

それほど親しかったわけではないが、やはりショックは受けている様子である。

聞けば故人、健康診断で危ない数値が出ていたにもかかわらず、酒もタバコもやめず、病院にも行かなかったという。



やっぱタバコはよくないんだよねぇ、と主人がしみじみつぶやく。まったく同感。

でも完全禁煙の斎場において、喫煙者がタバコを吸える場所を求めゾンビのごとくウロウロさまよっている。

テラスにある灰皿に喫煙者が群がる様子は、さながら砂糖に集まるアリのようだ。

死者を目の当たりにしても、明日は我が身とも考えないタバコ好きの感覚ってのが、わたしにはどうもよくわからない。



たぶんタバコ好きというのは、肺ガンで死んだ人の葬儀でもスパスパしちゃう感覚の持ち主なのだろうと思う。

だって、ニュースでも新聞でも喫煙による健康被害が報道されている昨今、いまだに禁煙しない人って、よほど健康に無頓着に違いない。



ヘビースモーカーには、えてして「人間、タバコを吸わなくても死ぬときゃあ死ぬさ」とか、「俺、タバコやめたら死んじゃうもんね」などと開き直る人が多い。

「タバコをやめるくらいなら、今すぐ死んだ方がましだ」と豪語する人もいる。



だが、いざ医者から「今すぐやめなければ、数ヶ月の命です」と宣告されたら、たぶんほとんどの人が禁煙に踏み切るだろう。

皆、死はまだまだずっと先だろうぐらいに考えているのだ。

そして、自分だけは大丈夫。という、実に不確かで妙な信念を持っている人が多い。



もっとも、主人のおじいちゃんなどもかなりのヘビースモーカーだったらしいが、ガンにもならず99歳の長寿をまっとうした。

タバコをぜんぜん吸わないのにガンになる人もいる。



結局、人の生死は運命によって支配されているのだろう。

運命という言葉が宗教っぽいというのなら、生まれながらにして持っている寿命と言い換えるべきか。

ヒトはDNAによって支配されているのだ。



自分がどういうDNAを持っているのか、親族を見渡してみればおおむね想像できる。

コーディ著「イエスの遺伝子」にあるような、ヒト・ゲノム解析機でDNAを読み解くなんてことは、現在では不可能。

でも、祖父母・伯父伯母の最期を思えば、わたしのDNAにはガンと高血圧の設計図が織りこまれていると容易に想像できる。

だから、怖くってタバコなんて吸えない。

血がサラサラになるという食物、サプリメントは片端から試している。今ハマっているのは、へルシア。毎日飲んでいる。



目標は、足腰丈夫で寝たきりにならず、ボケないまま95歳くらいでポックリいく人生。惜しまれつつも、笑顔も見られるお葬式。

斎場のロビーでは孫たちが走り回り、にぎやかで微笑ましい光景が繰り広げられ、お清めの席では「いい人だったねぇ」と参列者が笑顔でお寿司をつまむ。

いや、別に褒めてくれなくってもいい。大笑いしながら賑やかにビールをくみ交わしてくれたっていいのだ。

ただ参列者がオイオイ泣くような湿っぽい葬儀ってことは、つまり死ぬ本人としてもまだ余生があり余るほどあって、やることもたくさん残ってて、悔いの残る人生だったってことじゃないですか。



大往生だったねぇ、思い残すこともないよねぇ、などと笑顔で送り出されれば、きっと本望な人生だったに違いない。

誰も泣かない葬儀、これぞ人生の最終目標。



間違っても不慮の事故死、子どもが先に死んじゃう人生、長い闘病生活はしたくないものだ。
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

電子図書もいいかも

2004年06月25日
久しぶりに電車に乗ってみて、まわりで読まれている新聞がいかにうざったいか思い出した。

OL時代、毎日通勤電車に揺られていたときから感じていたことだが、あれは本当にうっとおしい。

隣りに座る人が新聞のページをめくるたび、肘がぶつかる。新聞の上の方がぺろっとわたしの顔の方に倒れかかってくるのも気になる。

わたしの前に立つ人も新聞読んでる。新聞紙は大きいので、ページをめくるには腕を伸ばさなくてはならない。そのたび、わたしの顔に新聞が迫ってくる。

ああ、うっとおしい。

頭上からかぶさってくる新聞紙をなんど払いのけたい衝動に駆られたことか。

これだから、電車は嫌いなのだ。

ふと、数日前のNHK「クローズアップ現代」で電子図書について特集していたのを思い出した。携帯で本を読むことができたり、単行本サイズの液晶版ひとつで数千冊の本が持ち歩けるといった内容だった。

これいけるじゃん。社内で読む新聞はすべて電子書籍にすべし! これはぜひ法律で定めて欲しい。
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

映画鑑賞

2004年06月30日
先週、お葬式に行ってきたら、その後 疲れがどっと出た。

暑い日が続くせいもあるのかな。そのせいで日記が更新できなかった。



ところで、近所にシネマコンプレックスができた。今週末いよいよオープンである。

そしたらさっそく、ハリー・ポッターを観に行こう。

デイアフタートゥモローも観たい。



自転車で行ける距離に映画館ができるなんて、夢みたい。

これでしばらく遠ざかっていた映画鑑賞を日課にすることができる。

このプログでも映画鑑賞のカテゴリーを設けて、感想文を書こうかな。



近所に温泉もできたし(掛け流しじゃないし高いけど)、我が街はどんどん発展してい

っている。

あとはそう、スポーツクラブさえ自転車5分の距離にできてくれれば願ったりである。
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。